乾燥肌さんにとって、化粧品選びは慎重にされていると思います。

特に成分には気を付けているのではないでしょうか?

自分に合わない成分だと、お肌をキレイにするどころか返ってお肌を痛めてしまう原因にも。

そこで今日は、乾燥肌さん必見の化粧品選びのポイントをお伝えしていきます。

保湿力の高い成分が配合されているか?

とりあえず、コスメに次に挙げるような保湿成分が含まれているかそうでないのかを確認してみてください。

・セラミド(特にヒト型セラミド)
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・リピジュア
・プロテオグリカン
・プラセンタ 

など。

保湿成分というのはいろいろなものがあるので、上記にご紹介した以外の成分においても問題ないのですが、その中でも保湿力が高いという意識が前述の6つになります。

とりわけ、お肌馴染みが申し分なく角質層内に見られるセラミドとメカニズムがそっくりであるヒト型セラミド。

あるいはヒアルロン酸の2倍の保湿パワーをウリにするリピジュア、ここ何年かで大学で調査され確実である保湿力が見受けられたプロテオグリカンというのはできるだけ採用したい保湿成分ではないでしょうか。

低刺激の化粧品を選ぶ

乾燥肌はお肌のバリア機能が弱まっている状況ですので、刺激の強烈な成分がお肌に充分でなく、肌トラブルが起こることが想定されます

なるべくたくさんの成分をオーガニックに替えてある低刺激のコスメを選ぶと良いでしょう。

少なくとも、アルコールフリーのものがイイです。

アルコール成分は、有毒性はないですけど乾燥がちな肌の反応しやすい事態には刺激が激しく、さらに利用し続ける間にパサパサの悪くなるケースもあります。

とりわけ常日頃から利用する基礎コスメやベースメイクコスメというのは、ダメージを与えないコスメを利用することによって、日頃のお肌ストレスが減少し、お肌本来の実力が元気になりやすくなるようです。

メイクに使う化粧品も保湿力の高いものを使う

肌のお手入れ商品に限ったことではなく、化粧に使用するコスメも保湿力の高いタイプを使ってください。

化粧を行ないながら肌のお手入れが望めるような、美容実効性のあるものがいいと思いますね。

特にミネラル化粧品は、天然ミネラルが主成分で保湿力がある上に、落としやすいからクレンジング負荷が強いられません。

化粧水はとろみ系よりもパシャパシャ系を選ぶ

トロンとした付け心地ーの化粧水は、お肌馴染みが申し分ないですが、肌表面に停滞しやすいので、どうしても必要な水分がお肌に行き渡りづらいといったマイナス点が存在します。

浸透力をアップさせるために、DPGやBGだったり浸透剤がたくさん使用されている商品も存在しますが、浸透剤は角質層のバリア能力を弱める危険性があるので、可能ならば浸透剤なしあるいは配合量を抑えた化粧水が理想的なところです。

バシャバシャと使用できる水みたいな付け心地ーの化粧水ならば、お肌に拡がりやすいから、多数の浸透剤を利用することが不要なので、お肌ダメージも緩和されるのです。

生理中の期間は避ける

女の人のお肌は月経前と月経期間中に関しては、肌トラブル行ないやすくとりわけ敏感な状態になってるのです。

その他水分量が減っていますと、より刺激に過敏ですから、新たなコスメを試してみるっていうのは月経期間については避けた方が良いでしょう

保湿成分にも注目する

保湿ケアと同じ程度にらい大切なことが美白ケア

シミやソバカスだったり、強い陽射しに影響を受ける肌トラブルというのはひとたび引き起こされると、相当治療しづらいから、美白ケアできちんとガードする必要があります。

しかしながら、美白有効成分については刺激が力強い商品や、乾燥しがちな特質があるものが売られています。

美白対策をとるケースでは、美白有効成分にフィットするように保湿成分が含有されている、保湿力の良いコスメを使用してください

乾燥肌のベースメイクのコツ

メイク前の保湿はWローション使いする

洗顔あとはいち早く化粧水を付けてうるおいを。 洗顔あとのお肌はとりわけ乾燥しがちなので、1秒でもスピーディーに水分を保持させたいものです。

とりあえず使用するのはパシャパシャ軽い付け心地ーの化粧水。スプレータイプのミスト化粧水だってOKです。

最初に水分がプラスされておくことによって、そのあと使うとろみ系化粧水が行き渡りやすいようになって、化粧水のみでもさわり心地ふっくらのお肌に変化します。

化粧水のあとは、夏の季節ならばUV乳液を塗布してベースメイクに入って大丈夫。

秋の期間冬の期間というのは乾燥しがちなので、保湿力の高い乳液を塗布してから、サンスクリーン剤やUVカット効果がある下地を塗布してした方が良いですよ。

乾燥肌にはリキッド、クッション、クリームファンデ

近頃はパウダリーファンデでも潤いのある出来栄えのタイプが一般的ですが、乾燥がちな肌はキメが粗くパウダーがお肌になじみづらいといったデメリットが存在します。

リキッドやクッション、クリームファンデーションだとしたら、水分と油分がたっぷりと含有されているので、キメの荒いお肌についても調子良くお肌をフォロー。

しかし、注意が必要なのが落ちにくさ

カバー力が目立つファンデが一般的ですが、カバー力が高いやつにはシリコン系成分や鉱物油が含まれたものがたくさんあります。

シリコン系成分や鉱物油は、お肌に対しての吸着度が高いので、悪化しづらいといった特長と同時に落としづらいといったマイナスポイントが存在します。

落としづらい化粧については、洗浄パワーの強いクレンジング剤が求められるから、お肌に作用する皮脂さえも洗い流されてしまうことになるのです。

ファンデを選択する際は、保湿成分が一緒にされていて、シリコンや鉱物油が含まれていないリキッド、クッション、クリームタイプのタイプをチョイスしていただきたいです。

 

合わせて読みたい記事

乾燥肌の化粧品選びってどうすればいいの?