お肌がパサつく、粉をふく、痒みを生じるなど、ドライ肌さんというのはその他のお肌パターンの場合でも、とりわけトラブルが多くある肌タイプです。

コスメチョイスに間違えて、どんどん乾燥したり、肌トラブルが発症する可能性もあるから、コスメセレクトしについては注意をはらうといった人は少なくありません。

今日は、乾燥肌さん知っておくべきコスメ選択の注目点をお伝えします

乾燥肌の特徴・原因は?

・お肌が白く粉吹いているポイントが見られる
・痒みを生じる ・化粧のりが良くない
・洗顔後、化粧水というものを付けないでいたらお肌が引っ張られる
・あぶらとり紙を何回も活用する

これらのみたいなことがあるケースでは、自分のお肌は乾燥肌もしくは乾燥が進行している状況と想定しれます。

ならば、乾燥肌というのはなんでお肌がカサカサになるんだろう。

原因としては、皮脂の少なさと角質層内の保湿成分の低下、不適切な肌のお手入れがあるということも考えられます。

乾燥肌の原因

なにより、お肌のうるおい感は表面的にはが覆われる皮脂や汗と、お肌構造で一番表面の近くにある角質層により保持されてるのです

皮脂や汗は、天然のクリームと言われていて、隠れたくらい薄い膜を生成し、外側刺激からお肌を守ってるのです。

角質層は、内側に自然の保湿成分や、水気を逃さないよう内包しているセラミドといった細胞間脂質があるのです。

細胞間脂質は、角質層内にある細胞と細胞の間の余地を閉塞することによって、外部刺激がお肌の奥深い所に及ばないみたいに防御する役回りも行なっているワケです。

これほどの、皮脂膜と角質層の作用をバリア機能と言うのですが、乾燥がちな肌はバリア機能がダウンした状況で、刺激にもろくなります。

バリア機能が低下する原因は?

どうしてバリア機能がダウンするのだろうかと言いますと、皮脂を取りすぎる不適切な肌のお手入れや、保湿が足りないことが一番の要因です。

簡単に説明すると、昼間にテカリが心配になってあぶらとり紙をしょっちゅう利用したり、落ちづらいメイクばっかし行って洗浄パワーの強靭なクレンジング剤を利用しつづけたり、肌のお手入れが面倒くさいで保湿が足らなかったり・・・。

根っから乾燥肌、といった方もおりますが、本来違う肌の質の状態だったのに、前述のみたいなことが継続してドライ肌の状態になった、といった方が少なくありません。

 乾燥肌のお手入れの原則として、当然のこととして保湿

保湿ケア抜きに、乾燥がちな肌というのはうるおい感を正常に戻しません。

だからといって、いい加減に化粧水をバシャバシャ、クリーム惜しみなく、といった肌のお手入れも間違えになります。

乾燥肌については乾燥肌に向いたコスメをセレクト、間違いない保湿ケアをしてください。

まとめ

今日は乾燥肌さんを対象として、コスメセレクトで重点を置くことが肝心な注目点を中心になってお伝えしてみました。

私達はなんとなく流行っている話題の化粧品をセレクトしてしまうものですが、いくら評判になっていたとしてもあなたの肌のタイプに合わないのでしたら使用し続けられませんですよね。

コスメ選択の目標は、落ちにくさや発色のいいところ、使い心地ことより先にあなたの肌の状態に丁度いいものかどうか、が一番

手間ひまかけて買求めたコスメがお肌にマッチせず、お蔵入りになってくるのは不幸なこと。

肌の状態にちょうど良いコスメ選択しをしたなら、間違いせずに自分自身に適したコスメに巡り会えることは間違いありません。

 

合わせて読みたい記事

しみ・そばかすに有効な成分は実はたった3つ!

日焼けした肌を白くする方法大公開!